menu

One Day Training ワントレ

TEL.0120-466-106

8月20日(日)開催ワントレのテキスト

8月20日ワントレのテキスト

ワントレテキストがダウンロードできます。
予習をしてワントレに参加しましょう。
ワントレで、問題の解き方だけでなく「なぜそうなるのか」と考える力をしっかりと身に付けましょう。

英語テキストを見る【PDF】

国語テキストを見る【PDF】

数学(図形編)①テキストを見る【PDF】

数学(図形編)②テキストを見る【PDF】

刑部先生からのメッセージ

『受験英語』この言葉を聞いて、どんなイメージをしますか?

おそらく多くの人は良いイメージを持ちません。
世間では受験英語を悪のように扱うからです。
客観的に考えるチャンスを失わせる固定観念とはなんと怖いものでしょう!

私の考えはむしろ全く反対で、受験英語は皆さんの財産になります。

大学受験に必要な英文法、これは世界中の英語の専門家たちが試行錯誤して見つけ出してくれた英語を読むための法則です。
単語の意味や熟語の意味が分かることも重要ですが、覚えた意味だけを繋げて読めるような易しい英文ばかりでは知識は広がらないでしょう?英文法を知らないと、長文にある微妙なニュアンスが理解できないこともあるわけです。

そして、受験英語は思考力を手に入れるチャンスでもあります!
英語を学ぶことで、日本語との違いを知ることができます。
日本語は曖昧な言語で否定なのか肯定なのかは最後まで聞かないと分かりません。

『ねぇ、私のこと、好き?』
『君のこと・・・・好きじゃない・・・。』
えっ?!?! みたいなね(笑)

でも、このシチュエーションを英語にすると
『Do you like me?』
『No, I don’t.』
1語目からNoですよ!早っ!!!(笑)

これは、否定を早く伝えて明確にしたい英語の特性ならではです。

こういう言語構造の違いは英語を勉強することで初めて気付くわけです。英語の勉強を通して、日本語の構造・発想を理解できるのです。

そして、英語の長文で、皆さんが必ず目にする数々の学者の人たち、そしてその人たちが発表した研究結果や実験結果。長文を読むことで、偉人たちが発見した真実を簡単に教えてもらえるんです。
英語が読めるだけで、世界中の人が発見したことを、しかもあらゆる時代の知恵を手に入れられるんです!!!
これまでの知識が更に拡大され、視野が広くなり、なんなら思考力も養成される。
ほら!受験英語、捨てたもんではないでしょ?

ちなみに、私は美味しいパンのためならどこでも行くというほどの、無類のパン好きですが、ある時、早稲田でnudgeという行動科学がテーマの長文がありました。nudge自体は肘をつつくという意味なのですが、スーパーで売りたい商品がある時は、その商品を目の前に、目が行きやすい・手に取りやすい場所に置くと、人は買ってしまうというものなのですが、パンだけは別で、欲しいパンがあると人はどの場所にあろうと、その自分が望んでいるパンを手に取ろうとするという研究結果が出ていました。なるほど!私は一生パンの虜のままだなと思った瞬間でした(^^;
早稲田だけではありません。長文から新しい知識を手に入れる、
こんなの毎度のことです!

大学の入試問題はその大学がプライドをかけて作った作品です。
各大学が、優れた生徒に入学してもらうために、知識・時間・費用を大量に注ぎ込んで作った最高傑作です。

受験英語で知識が狭まる?そんなこと誰が言ってるんでしょう。
さぁ、皆さん、自分の視野を広げるために今日も受験英語、頑張りましょう(^^)/

刑部 希